チワワという犬

向かい合う犬と猫

チワワを飼うにあたって、一番気をつけなければならないのは気温管理です。 チワワは暑さと寒さ両方に弱いため、温度差の激しい屋外での飼育はできません。 必ず室内で飼育することが絶対条件です。 夏はクーラー、冬はヒーターなどを使い、常にチワワにとって快適な気温を保っておくことが大切です。 また、カラダが小さいため基本的には運動をさせたり、毎日散歩に連れ出す必要はありません。 室内で走り回る程度で十分ですが、足腰や関節が弱いので、滑ったり飛び降りたりさせないように注意します。 室内で十分といっても日光浴は犬にとって非常に重要なので、室内に閉じ込めたままにせず外にも連れ出してあげましょう。 チワワは小さな見た目どおりとてもか弱い存在です。 大切に扱ってあげる必要があります。

チワワと言えばウルウルの瞳で小さく震えながら見つめるイメージがあります。 これには理由があります。 チワワは目が大きいため涙の分泌が多く、常に目がウルウルしています。 このため、涙やけになりやすいためこまめに拭いてあげることが大切です。 小さく震えているのは、寒いからです。 チワワは寒さに大変弱いため、よく震えます。 このときには洋服を着せて寒さから守ってあげましょう。 犬に洋服を着せることに対する偏見がありますが、ファッションのためだけではなく、犬のために着せていることもあるのです。 チワワの潤んだ瞳や震えて見つめる様は大変可愛らしいですが、可愛がるだけでなく、チワワのために出来ることを汲み取って対応していくようにしましょう。