しっかりと供養を

カルテを持つ医者

可愛がっていたペットが亡くなってしまった。 急な事でショックを受けてしまい、どの様にペットとお別れすれば良いか 分からない。そんな時に役立つ、ペット供養についての情報をまとめました。 まずホームページ等でペット葬儀を行なっている火葬社を探しましょう。 各会社によってサービスの内容が異なりますので、ご自分の考えるペット供養 の方法に近い火葬社をピックアップし、連絡をします。 火葬を行なって貰うまでの段取りや、それまでのペットの保存の方法など 分からない事を確認し、速やかに準備に取り掛かりましょう。 ペットの身体を冷やしてあげる必要がありますが、方法が分からない場合は 代行して貰える場合もあります。 一緒に火葬する為のペットのお気に入りのおもちゃやフード等も 用意してあげましょう。

ペット葬儀社、火葬社でのペット供養を行なう人が増えている理由として、 自分達の望む方法でペットとのお別れが出来ると言う事があります。 ペット供養には確固たる決まりはありませんので、 火葬と納骨だけ行ないたいと言う方、お別れの式をしてから送ってあげたいと 言う方、色々なニーズに答える葬儀社さんが増えています。 火葬の方法として実際に火葬場まで行って行なうパターンから、 ペット火葬車に自宅の近くまで来てもらい、立ち合いでの見送りが出来る 場合もあります。 納骨に関しては、合同での納骨・個別での納骨が可能です。 手元供養と言う形でペットの遺骨の一部・もしくは全部を 手元に残し、飼い主と身近に置く場合も増えています。 ペットの遺骨をアクセサリー等に加工し、身につける場合もあるようです。