食事に気をつける

魚も

皆さんの愛犬にはどんな食べ物を与えていますか、トップブリーダー推奨の物やスーパー等で買って来る方もいると思いますが、口コミや評判を参考にされる方もかなり多いと思います。 今回書く記事は、ご家庭で作れるドッグフードを簡単で犬にも評判が良い作り方を見つけましたので記載したいと思います。 まず用意するものが「圧力鍋」です、圧力鍋にお肉のいらない部分(骨などの周りも付いた状態で入れる) あとは野菜くずを粗みじん(ブロッコリーやキャベツの芯など)圧力鍋にこれらを入れて、30分程加熱します。 加熱したものを、フードプロセッサーなどにかけます。煮込んだお肉は常温になるまで冷ましてから野菜の粗みじんしたものと加え、1食分毎に分けておくと使いやすいと思います。 メリットは1度にたくさん作る事により冷凍保存ができることです。餌を買い忘れてしまった際やドッグフードが切れていた時などにも便利です。食べさせる前の日に冷蔵庫で解凍するか、電子レンジで温めてから食べさせてあげて下さい。

昔の犬がどんな物を食べていたか調べてみました、基本的にスーパーで売られているような生肉をそのまま与えている事が多かったようです。 時代は変わり現在では、犬専用のドックフードが各種メーカーによりつくられています評判については、ある企業ではエサの成分にこだわっていたり、医者の推薦であったり等評判も良いようです。ドッグフードにも種類があり、小型犬用や大型犬用、老犬用等の犬のタイプにもより、ドッグフードにも違いがあります。 最近のエサは、チキンと大豆などの栄養成分を配合したものが多く犬の健康に気を使っているメーカーが多いようです。 また、ある企業ではアレルギーに配慮した最高品質のたん白質源のみ仕様や未加工で品質の良い食材を使用している企業もありました。